WordPressのテーマを修正するときは子テーマを活用するべき

WordPressのテーマを修正するときは子テーマを活用するべきWordPressのテーマは、デフォルトのものを使ったり管理画面からインストールして使うことが多いと思いますが、ただテーマを選んで使うだけではなくて子テーマを活用したテーマの使い方を紹介します。

テーマをアップデートすると手を加えたところが消えてしまう

WordPressのテーマをインストール後、もう少しデザインを変更したい、機能を追加したい、などによりテーマ内のCSSファイルやPHPファイルに手を加えることがあると思います。

しかしこれをしてしまうと、将来的にテーマがアップデートされた場合それまで手を加えた部分は残念ながらすべて消えてしまいます。

テーマがアップデートされても、手を加えたところを残しておくには?

ここで役に立つのがWordPressの子テーマです。テーマに手を加えたくなっても、ぐっと我慢してこのテーマには一切手を加えません。その代わりに新しいテーマを作り、その中でもともとのテーマと関連付けを行ったうえで小テーマを編集していきます。

具体的には、小テーマ用に適当な名前のフォルダを作成して、その中にstyle.cssを作成します。そしてstyle.cssのTOPには以下のように記述します。

CSSを編集したい場合、上書きしたいスタイルや追加したいスタイルの定義をこの下に記述していきます。その他、function.phpやheader.phpなど必要に応じて作成していきます。

そしてWordPressのテーマがあるフォルダ(もともとのテーマと同じ階層)にアップロードします。
最後にWordPressの管理画面で、もともとのテーマではなく新しく作成した子テーマを適用すればOKです。
正しく関連付けができていれば、もともとのテーマをベースに子テーマで追加した内容が反映されているはずです。